畦道講習を実施しました。

建部米研究会のモットーは、横着しながら楽しく農業を持続してやるです。中山間地域では、いかに省力化し安価にやるかが鍵となっています。最終的には、少しでも儲けを出さないとダメですからね。

8月5日(火曜日)、メンバーみんなのほ場を巡回しながら、水稲の今の状況を把握しました。その上で、有機肥料を追肥する時期とか量を的確に判断していきます。そんな様子をVideo撮影したので、ご覧ください。また、当日配布した資料も次のところにあります。

140805資料.pdf
PDFファイル 1.8 MB

お問い合わせは

takebemai@gmail.com