分げつの様子をご覧ください。

イネ科の農作物の多くでは、主茎の基部には多数の葉が密生し、各葉腋(ようえき)に側芽に相当する分げつ芽が形成されます。
分げつ芽は主茎の葉の発育と対応して発育し、分げつとなります。

この対応関係はイネ、コムギでは極めて規則的なことが知られており、また、発育した分げつは基部に特異な形態を示す1枚の前葉を有するほかは、主茎と類似した外観を呈するようになります。(「分蘖」kotobank.jpより)

 

次のサイトで、すごく分かりやすく説明されていたので、ご参考ください。

お問い合わせは

takebemai@gmail.com