「実るほど頭を垂れる稲穂かな」建部の田んぼは、正にそんな感じです。

トップページの2分割の写真、どちらが建部雄町か分かりましたでしょうか。水稲の品種によって、栽培時期が異なりますので、そこらあたりを考えられたら、直ぐお分かりだと思いますが、農家でないと分からないかな?

 

正解は右写真です。雄町は、ヒノヒカリに比べて若干時期が遅めとなっています。

 

さて、タイトルに書きましたように、清々しい秋空の下、ヒノヒカリはもちろん雄町も出穂し、だんだんと垂れてきました。先日の台風12号の影響がさほどなかったので、一安心していますが、大雨や台風等のとき、稲が大きく揺さぶられ大きく垂れると、最終段階で肝心要な心白が中心に出なくなります。

 

建部雄町は心配無用で、スクスクと生長しています。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

お問い合わせは

takebemai@gmail.com