菜の花を活かした農業に関して、視察研修を実施しました。

当研究会は、環境に優しく安全安心で美味しいお米作りを目指して、畦道講習など農業技術についての勉強はもちろんですが、先進地を訪れ現地の農家等と交流しながらの研修も時々しています。

 

今回訪れたところは、鳥取県西伯郡伯耆町の岸本集落で、環境保全組合の他、水稲生産、農機具利用、農芸クラブの4つの団体で、集落全体の農業活動を行われていました。特出すべきは、やはり集落全体で農村環境の保全再生に取り組まれていることです。

 

当研究会は、まだまだ個人農家の集まりなので、こういったことが課題であり今後の推進項目でもあります。

お問い合わせは

takebemai@gmail.com